非力なザ・ビートルをパワーアップする電子パーツ  カプラーオンパワーアップキット

ザ・ビートルをご購入の皆さんは、出力やパワーに満足でしょうか。
1.3tの車体の割には105ps/17.8kgf.mという出力設定。

ダウンサイジングエンジンとターボの組み合わせですが、1.5リッタークラスの国産車(カローラやアクセラのローモデル)と同様程度となるとやはり少し物足りないのではないでしょうか。

逆にデミオなどは300kg近く車体が軽いのに同等の出力モデルもあるくらいなので、やはり社格に比べてのパワー不足感は否めないと思います。

そんな中で、吸排気には手を入れず、馬力、トルクを20%ほどアップする電送系チューンパーツのご紹介です。

ポロやゴルフでも実績のあるパーツなので安心して装着が可能です。
実馬力で15~20%の出力向上が認められるようです。

ECUチューンは効果で現車調整も必要という認識の方もいますが、筆者もこちらと同等のシステムを別のクルマ(ロードスター)で実装しましたが、非常にパワー感やトルク感も向上することと、特に不具合などもなかったので、おすすめの商品かと思います。

もう少しパワーが欲しいザ・ビートルオーナー様、いかがでしょうか。