ビートルに新モデル登場!オレンジのボディーカラーとフェンダーサウンドシステムを採用した「ザ・ビートル・クラブ」

プリント

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月6日、「ザ・ビートル」に限定550台の特別仕様車、「ザ・ビートル・クラブ」と「ザ・ビートル・カブリオレ・クラブ」の2モデルを発売。価格は「ザ・ビートル・クラブ」(限定500台)が294万円、「ザ・ビートル・カブリオレ・クラブ」(限定50台)が377万円。

 エクステリアでは、ボディカラーに「ザ・ビートル」では初採用となる新色「ハバネロオレンジメタリック」を採用、ブラック塗装したサイドミラーカバーや、ブラック塗装したルーフ、ブラックの電動ソフトトップで、オレンジとブラックのツートーンカラーによるコントラストで存在感を高めた。また、専用デザインの17インチアルミホイールを装着した。

 インテリアも限定車のキーカラーであるオレンジを用いた専用チェック柄のファブリックシートに加え、ステアリングやハンドブレーキレバー、センターアームレストにもオレンジ色の飾りステッチを採用。専用のドアシルプレートやステアリングホイールなどを標準装備している。

 また、 App-Connect搭載の純正インフォテイメントシステム“Composition Media”とフェンダーサウンドシステムとの組み合わせによって、スマートフォンやUSBデバイスに保存した音楽を手軽に臨場感あふれるサウンドを楽しめるという。

05

06

プリント

09

10

01

03

04




フォルクスワーゲン、“旅に出かけたくなる”限定車「ザ・ビートル・ジャーニー」発表

main_img01

ザ・ビートルに新たな限定車が登場しました。その名も「ザ・ビートル・ジャーニー」です。
コンセプトは“旅に出たくなる”とのことで、バイキセノンヘッドライトや純正ナビなどを人気の高いオプションを標準装備し、価格は21万円以上おトクというもの。
全国で5色合計300台限定販売とのことですので、購入を検討されている方にはおすすめのエディションですね。




これは欲しい!フォルクスワーゲン、「ザ・ビートル」450万通りのオーダーメイドが可能に

オーナーの思いのまま!になるオーダーメイドザ・ビートルのオーダーがはじまるようです!
なんと組み合わせは450万通り。Webサイト上でシミュレーションが出来ますよ。

http://thebeetle.jp/cyobp/

筆者はこんな感じでデコレーションしてみました。

キャプチャ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは(以下、VGJ)、同社ブランドの人気モデルで、同ブランドの象徴でもある「 ザ・ビートル 」と「ザ・ビートル・カブリオレ」の2車種をベースに「Create Your Own “The Beetle” Project」というキャッチフレーズの下、VGJとしては初めての試みとなるユーザーのオーダーメイドによる期間限定特別受注生産車を発表するとともに、4月23日から専用インターネットサイトを開設する。

価格は、2ドアセダンタイプの「ザ・ビートル」が278万円(税込)、気軽に爽快なオープンエアモータリングを楽しめる「ザ・ビートル・カブリオレ」が399万円(税込)となっている。なお、受注期間は、4月26日(土)から6月30日(月)までの約2か月間で、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで受け付ける。納車は9月以降を予定しており、日本に到着次第、ユーザーの元へに届ける。

2台目が欲しくなります!




エイプリールフール企画 ご当地ザ・ビートルの登場

エイプリールフール企画として全国47都道府県をモチーフにしたザ・ビートルが登場しました。

01

公式サイトはこちら
http://thebeetle.jp/april1/

割と本気で欲しくなるカラーリングもいくつかあります。

しかしながら筆者の出身である大阪はたこ焼きなのね・・・

天井に載っている青のりがわりとかわいいというか、丸いフォルムも相まって割とたこ焼きに見える(笑)

しかしながら北関東シリーズがすべて農産物かよ・・・

岡山のピーチ感(笑)

本当に登場したら都道府県別の販売実績を見てみたくなりますね(笑)




VW ザ・ビートル に デューン コンセプト

デトロイトモーターショー14でワールドプレミアした『ザ・ビートル・デューンコンセプト』。同車の公式映像が、ネット上で公開されています。

かなりワイルドな仕上がりになっており、スポーティとは異なる側面で男らしさをアピールしていますね。
動画の後半では砂漠を走っていますが、今までになかったコンセプトとして新しいザ・ビートルの遊び方の提案をしてくれそうです。

コンセプトカート言うことですが、市販化したら結構★以下もしれません。




VW ザ・ビートル・カブリオレ、クラシカルイメージの特別限定車を3モデル発売

20131218152418_517_

ザ・ビートルになかなか素敵なモデルが登場です!

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は12月18日、第43回東京モーターショーで一部、参考出品した『ザ・ビートル・カブリオレ』の特別限定車『ザ・ビートル・カブリオレ50’s』『同60’s』『同70’s』の販売を開始した。
50’sはブラックのボディとソフトトップ、クロームのホイールキャップ、赤/黒の2トーンレザーシート等により上質なレトロ感を演出。60’sは水色のボディカラーを採用し、カリフォルニアの夏をイメージ。70’sはブラウン系のボディ色、ベージュのソフトトップと内装、ディスクタイプのアルミホイールなど優雅でクラシカルな佇まいとしている。
価格は全車共通の388万円で、販売台数は各50台。

20131218152426_746_

20131218152435_477_




The Beet 湯? ・・・湯!? フォルクスワーゲン、世界で1台限りのスペシャルカー 「The Beet 湯」 完成!

ザ・ビートルのキャンペーン「ザ・ビートルで、やりたいこと、やろう」 キャラバンにて、投稿されたザ・ビートルを使用て「やりたいこと」を実現!

・・・・湯?

ど湯こと?

というのは以下のニュースでした。

————————-

「 ザ・ビートル で、やりたいこと、やろう」で集まった6,500の「やりたいこと(夢)」の中から、「ザ・ビートルのリアシートを露天風呂にして走りたい」という夢を実現すること決定し、オープンカーモデル「ザ・ビートル カブリオレ」をベースにしたスペシャルカー「The Beet 湯」が完成したと発表した。

11月1日(金)からは、夢が決定してから車両制作までの模様を収めた動画をVGJオフィシャルウェブサイトにて公開する。

————————-

動画はこちら

オフィシャルサイトのレポートはこちら
http://thebeetle.jp/coupe/report/index.html

実際は”公道”は走れないようですが、露天風呂につかりながらオープンドライブとか超気持ちいい!でしょうね。

しかしながら筆者は以前朝シャン後にロードスターで冬の道を疾走したら39度の熱を出して倒れたのであまりおすすめは出来ません(笑




「ザ・ビートル・デザイン・レザーパッケージ」の仕様向上

ザ・ビートルターボの登場で影が薄くなりがちな標準タイプですが、今回 標準仕様車にも装備が追加されたようです。

プレスリリースはこちら
http://www.volkswagen.co.jp/ja/volkswagen/news/2013.html

フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム“712SDCW”の追加と車の四方をセンシングして駐車時のアシストとするパークディスタンスコントロールが追加されたという物。

モデルが変わっても並行して他のモデルも仕様を向上していくのは良いですね。
サ・ビートルは長く愛される車になって欲しいと思います。




「The Beetle Turbo驚走曲」 そしてザ・ビートル ターボ正式に登場!

ザ・ビートル ターボの登場にあわせて「The Beetle Turbo驚走曲」と題して、アグレッシブな走りと痛快なハンドリングをオーケストラとともに表現した素敵なプロモーションビデオが公開されています!

そしていよいよ、メーカーのWEBサイトでもザ・ビートルターボの特設ページがオープンしました。

http://thebeetle.jp/turbo/

この週末はザ・ビートルターボ デビューフェアも開催されます。スピード違反、ダメ、絶対! のキャッチコピーですが、ザ・ビートル ターボに触れるためには少しスピード違反して、ディーラーにダッシュで試乗会にまっしぐらするしかないでしょう。

ターボ専用オプションアイテムも登場です。

よりスポーティに、そして刺激のある走りとかわいさ、かっこよさを兼ね備えたザ・ビートル ターボ。
非常に期待出来ます!

もともとニュービートルターボに乗っていた筆者は、かなり欲しいため、本気で買い換えを検討中・・・




ザ・ビートルR スパイショット

久々にザ・ビートル関連であたらしいモデルのニュースです。

ゴルフ、シロッコで用意されているホットでレーシーなシリーズである「R」ラインがいろいろ新しくザ・ビートルでも販売することが計画されているようです。

Autoblog JP
【スパイショット】クールになったVW「ビートルR」をキャッチ

フロント・リア・リアもエアロが一新されており、丸っこいフォルムと合わせて空力性能が高そうですね。

新型ゴルフRと同じ296hpを発揮する2.0リッターエンジンを積んでいるかもしれないとのこと。かなり刺激的なマシンになりそうです。

そろそろ登場するザ・ビートル ターボよりも圧倒的なパワーになりそうで非常に楽しみですね。

さて、それまではザ・ビートル ターボでガマンしますか・・・・